検査項目

尿検査

検査内容

尿糖

基準値(-)マイナス ※(+)~(++++)→陽性

尿中の糖の存在を検査します。尿の中に糖がでることは、健常なときはありえません。しかし糖が出ても、原因が糖尿病なのか腎臓の病気なのかは確定できません。血糖値などの検査と併せて判断することが必要となります。ただし陽性が出た場合は、糖尿病の疑いがかなり高い状態です

尿蛋白

基準値(-)マイナス ※(+)~(++++)→陽性

糖と同じく、尿蛋白も健常な方にはほとんど認められません。腎臓に病気があり、尿を濾す力が弱くなっているときに陽性となります。ただし体質として陽性がでる方や、発熱がある場合などに陽性を示すことがあります。

ウロビリノーゲン

基準値+-(プラスマイナス)

主に肝機能の低下がある場合に、陽性となります。

尿潜血

基準値(-)マイナス

腎から膀胱、尿道にかけて出血があるとき陽性となります。尿路結石や腎結石などがあると陽性となりやすいです。腎炎などの腎疾患や、外傷性の場合もあります。

健康診断・人間ドックの
ご予約

043-276-1851

平日 9:00~17:00/土 9:00~12:00