特定医療法人社団 千葉県勤労者医療協会 千葉健生病院・まくはり診療所  
病院のご案内
院長あいさつ
理念と基本方針
病院概要
病院からのお知らせ
診療のご案内
各科紹介
外来
入院
在宅医療
健康診断
看護部
医師募集中
職員の募集
看護師
その他
患者様の声にこたえて
健康友の会
サイトマップ
 
HOME BACK
病院のご案内 院長あいさつ
千葉健生病院院長 岡田朝志
千葉健生病院院長
岡田朝志

 みなさん、こんにちは。院長の岡田朝志(おかだともし)と申します。2013年6月1日に前院長から任務を引き継ぎました。幕張の浜辺で奥山医院を開業し、地域の皆さんと共に健生病院を建設された故奥山医師から数えて5代目になります。
 当院は、1976年(昭和51年)にそれまでの奥山医院から、内科、外科、小児科を標榜する106床の病院として誕生しました。地域の多くの方々から基金のご協力を頂き、「いつでも誰にでも親切でよい医療を」「お金のあるなしで差別されない無差別平等の医療」などの目標を掲げて医療活動を展開してまいりました。建設当初は千葉市の救急医療体制が整備されない中で、1982年に救急車の受け入れ件数が千葉市で1位となりました。その後、地域の医療体制の整備も進み医療機関相互の協力体制や機能分化、医療連携が進んだ結果私たちの守備範囲も様変わりしており、むしろ地域と急性期病院を結ぶハブ病院としての役割が求められるようになってきました。
 現在の当院は地域包括病床39床、一般急性期病床6床、回復期リハ病棟45床の病床構成となっており入院してのリハビリテーションにも力を入れております。入院以外での医療活動の柱は(1)患者さんと共に行う慢性疾患医療、(2)地域の他の診療所や病院とも連携しながら行う急性疾患の診断と治療、(3)各種がんの早期発見や、健康増進のための各種健診、(4)訪問看護ステーションなどと連携して訪問診療を行う在宅医療の四つです。
 小さい子どもたちや高齢の方まで、地域の皆さんが、生まれたこの町で成長し、人生の最後まで安心して暮らすことができるために私たちは力を発揮していきたいと思っています。そのために総合的な診療を心がけ、多くの方に安心して利用していただけるような、地域の「かかりつけ病院」を目指しています。2011年からは無料低額診療も実施しています。今、格差が広がり、必要な時に必要な医療にかかれない方が多くなっています。今こそあらためて「お金のあるなしで差別されない病院」の原点に立ち返り、地域の皆さんや他の医療機関とも協力して良い医療の実現のために頑張りたいと思います。そして、良い医療ができるように、政治にも働きかけ社会保障制度を充実させていかなければと思っております。
 今後とも、ご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます

 
このページのトップへ戻る
 
Copyright (C) 2008 Chiba Kensei Hospital. All Rights Reserved.